コスメ

美肌を目指して【shu uemura TSUYAシリーズ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年末、クリスマスコフレに心惹かれて立ち寄った、表参道のshu uemura。

時間に余裕があったので、ちょっと気になっていたTSUYAシリーズを試させてもらいまいした。

美肌スイッチをONにする

年齢を重ねてくると、肌は衰える一方だと諦めてしまいがちですがshu uemuraは年齢にかかわらず美肌になれる「美肌スイッチ」が存在していて、その美肌スイッチをONにすることでみんな美肌になれるとのこと。

ちなみにshu uemuraでいう美肌は「見て感じる美しさ」と「触れて感じる美しさ」の両方のバランスがいい肌。
具体的には「均一感のある肌」「肌印象(ピンク>黄色)」「透明感」「ハリ・弾力」「なめらかさ」「細密なキメ」のこと。

毎日仕事のストレスと、深夜に帰宅して早朝に出勤するという生活のおかげで肌もボロボロだった私には痛い言葉。

美肌なんて諦めていたんだけど、アラフォーに片足突っ込んでいる私でもまだ間に合う(らしい)。

普段なら「そんな馬鹿な」と一蹴してしまうんだけど、担当の女性の方も肌がボロボロだったところからTSUYAシリーズを使い続けてきれいな肌になったとのこと。
確かに、メイクのノリもいいしめっちゃ美肌だったので、藁にもすがる思いで私も試してみることに。

「ローション」と「美容液」

購入したのは「ローション(化粧水)」と「美容液」。
でも、購入した時はちょうど別のスキンケアを購入したばかりだったので、しばらくの間お蔵入り。

ようやく最近から使い始めました。

お店のカウンターで肌チェックをしてもらったところ、私の肌は薄くて乾燥しやすいということでおすすめされたのがリッチジェルタイプ(Ⅲ)。

IMG_3483

とろっとろの化粧水で、最初はちょっとびっくり。
しっとりタイプの化粧水ってテクスチャーがとろみあると肌に浸透しなかったり、つけた後にベタついたりするんだけどそんなことまったくなし。
肌にのせるとすーっと浸透していく感じで、つけたあともべとつかないのでさらにびっくり。

コットンにとって、肌に浸透させて、最後にハンドプレスするとそのモチモチ感に感動。
しかも毎日少しずつそのモチモチ感が増している気がして、思わずニヤニヤする。

ほのかな香りにも癒されるので、スキンケアをしている時間がリラックスタイムに。

次に美容液。
今はエマルジョン(乳液)も販売されているけど、私が購入した時はなかったのでいきなり美容液です。

IMG_3487

最初に見た時は、蓋の部分がほ乳瓶の乳首に見えてしまった。
でもこの蓋の部分が重要でスポイトになってます。

IMG_3488

毎回1回分を吸い上げて使えるので便利。

IMG_3492

美容液は、偏光パールのようなキラキラした色。
でも肌にのせるとキラキラは目立たなくなって、肌色が明るくなる感じ。
ローションと同じくほんのりとした香りに癒されます。

毎日、朝晩に鏡を見ながらスキンケアするのが楽しみに。

肌は変わったのか?

正直、数週間やそこらで肌は大きく変わらないです。
肌のターンオーバー周期は28日。
そもそも肌が荒れていたらターンオーバー周期もおかしくなっていたりするからもっと時間かかるかも。

個人的には半年は使い続けてみないと判断できないと思ってます。

でも、毎年春になる季節の変わり目は花粉の影響もあって肌が一年で一番ボロボロになる季節。
去年までは肌が粉を吹いたようになったり、皮膚がボロボロに向けてきたり大変だったけど、今年は肌が赤くなるだけ。
もしかしたらTSUYAで肌が元気になった?なんてちょっと嬉しい。

半年使い続けて、またカウンターで肌チェックしてもらって判断します。
でも、エマルジョンも気になるから今度カウンターで相談してみようっと。


シュウウエムラ TSUYA ローション III (リッチ ジェルタイプ) 150ml


シュウウエムラ TSUYA エッセンス 50ML

シュウ ウエムラ TSUYAローション(公式サイト)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.